メニュー

小村典弘 SNSアカウント

PROFILE
社会人1年目に東京のベンチャー(不動産コンサル)会社に就職、不動産業の魅力、仕事の奥の深さを実感する。その後1999年にタカラ不動産(現クラスコ)へ入社。不動産業界での新しいアイデア不足、賃料の下落や空室率の悪化など、賃貸経営の将来に不安を感じる。アメリカの不動産業界は医者、弁護士と同格であることを知り、2004年アメリカのナッシュビルで開催されたIREM総会に参加しアメリカの不動産業界の高いレベルを痛感する。その後様々な資格にチャレンジし取得、2010年IREM公認資格である米国不動産経営管理士(CPM)取得。また自身でも不動産投資をより理解する為に、横浜に不動産投資を2棟行う。古くなり人気の無くなった賃貸物件は家賃を下げることが主流であったが、いかに賃料を上げて物件価値を高め満室にするかをテーマに2010年にコンセプトリノベーションプロジェクト「LifeDesignProject!!!」を立ち上げる。その後2012年に全国リノベーションブランド「Renotta」をリリースし、全国117店舗でスタートする。2016年現在店舗数日本一の全国リノベーションブランド(300店舗超)へと成長させる。また賃貸管理業、リノベーション事業、高齢者住宅事業、介護事業、プロパンガス事業、コインランドリー事業、コインパーク事業、マンスリーマンション事業、デザイン事業など幅広く経営を行う。日本の不動産業界の地位を上げることと、常識を壊すことで、不動産の価値最大化できる存在になります。

オーナー会開催しました

昨年末にクラスコオーナー会が開催されました。

 

当日は延べ397名の不動産オーナーが参加していただき、盛大に執り行われました。

第一部は私が担当し、近年加速するIT化の現状と、「crasco ReTech(不動産管理効率化システム)」の商品開発や住まいと暮らしのアイデアセレクトショップ横川店オープンなどクラスコの今年1年の取組みが紹介され、空室対策の原因・分析からの満室成功事例、さらには賃貸経営における節税方法などを約1時間に渡って詳しく説明させていただきました。空室対策は賃料の値下げから、貸方の改善、設備を付加する方法、ワンポイントのクロスデザインの付加、軽度のリフォーム、やリノベーションなど様々な手法があります。実際の空室改善成功事例をご紹介させていただきました。

コストとリターンを数字で改善手法を決定させていただきます。節税を意識しながらの投資利回りも大事になりますので、節税に有効な高利回り商品のご紹介なども行わせていただきました。

 

後半は常務取締役の清水秀晴より、「市況とともに今年一年を振り返る」と題して、マイナス金利にはじまり、タワーマンションの節税にメス、熊本地震発生、英国EU離脱、アメリカ大統領選挙、来年度税制改正大綱など世の中で起こった出来事が不動産や投資に与えた影響を鋭く解説しました。また、不動産会社だからこそ行える相続対策の具体的な事例もご紹介し、大切な資産を守るための手法をお伝えしました。

第二部のオーナー懇親会では、司会に越村江莉さん、ゲストにぶんぶんボウルさん、スペシャルゲストにはテツandトモさんも迎え、会場内を熱く盛り上げていただきました。

今後もクラスコでは、賃貸経営オーナーへ役立つ情報とアイデアを続々発信してまいります。

今年の懇親会のテツandトモさんの評判も良く、来年のゲストの期待も高まっていると嬉しいお言葉を頂き、来年の企画も練っていければと思っております。

15731868_1205491736194872_79013151177259940_o-1

15724560_1205491902861522_4889616066297001365_oIMG_7307IMG_7852

Share Button