メニュー

小村典弘 SNSアカウント

PROFILE
社会人1年目に東京のベンチャー(不動産コンサル)会社に就職、不動産業の魅力、仕事の奥の深さを実感する。その後1999年にタカラ不動産(現クラスコ)へ入社。不動産業界での新しいアイデア不足、賃料の下落や空室率の悪化など、賃貸経営の将来に不安を感じる。アメリカの不動産業界は医者、弁護士と同格であることを知り、2004年アメリカのナッシュビルで開催されたIREM総会に参加しアメリカの不動産業界の高いレベルを痛感する。その後様々な資格にチャレンジし取得、2010年IREM公認資格である米国不動産経営管理士(CPM)取得。また自身でも不動産投資をより理解する為に、横浜に不動産投資を2棟行う。古くなり人気の無くなった賃貸物件は家賃を下げることが主流であったが、いかに賃料を上げて物件価値を高め満室にするかをテーマに2010年にコンセプトリノベーションプロジェクト「LifeDesignProject!!!」を立ち上げる。その後2012年に全国リノベーションブランド「Renotta」をリリースし、全国117店舗でスタートする。2016年現在店舗数日本一の全国リノベーションブランド(300店舗超)へと成長させる。また賃貸管理業、リノベーション事業、高齢者住宅事業、介護事業、プロパンガス事業、コインランドリー事業、コインパーク事業、マンスリーマンション事業、デザイン事業など幅広く経営を行う。日本の不動産業界の地位を上げることと、常識を壊すことで、不動産の価値最大化できる存在になります。

クラスコの空室対策

空室対策について

 

空室対策はまず、

①物件分析

②ライバル分析

③改善案の投資分析

④改善方法の実行

⑤満室へ

 

といったフローになります

①物件分析では

その物件力がどれだけあるか、パラメーターにてご提示させていただきます

②ライバル分析

対象の物件がどの物件と競合していて、価格が適正か物件力と価格力とをライバル物件と

比較して、数字でご提示させていただきます

③改善案の投資分析

家賃下落、家賃無料キャンペーン、敷金礼金ゼロモデルの導入の検討、ワンポイントクロスの検討、リフォームの検討

④投資効率が良い改善提案をご提示させていただきます

数字でキャッシュフローや様々な利回りなど、オーナーさまのご意向にあった提案を選択いただきます

⑤改善後満室になるまで、全社をあげて全力で入居サポートさせていただきます。

スクリーンショット 2017-02-01 16.34.51

 

Share Button