未来の経営幹部対談

未来を語るのは楽しい!

真摯対談 未来の経営幹部


対談動画を見る

Q1クラスコに入った理由は?

二ッ谷

山口さんは、前職も不動産関係だったんですか?

山口

実は、まったくの別業種からの転職だったんです。

二ッ谷

そうなんですね!なんでまたクラスコに?

山口

もともと、不動産営業に憧れがあったんですよ。
ハウスメーカー勤務の友人から不動産営業の現場の話をよく聞いていて「不動産営業ってすごく稼げるけどキツい、営業の花形だ」というイメージが強くて、ぜひその中で自分の力を試してみたいと思ってたんです。

二ッ谷

チャレンジ精神がすごいですね!いざ転職となったきっかけはなんですか?

山口

転職のきっかけは、「毎日遅くてもちゃんと家に帰れる職場がいいな」と思い始めたことです。前職でも営業として活躍していたのですが、県外への出張が多くて。子どももまだ小さいので、地元で毎日家に帰れるところを探していた時に、クラスコを知りました。

二ッ谷

今はちゃんと帰れてますか?

山口

はい!帰れてます!(笑)

二ッ谷

よかったです!(笑)不動産会社は他にもありますが、決め手はなんですか?

山口

規模感ですね。他の不動産会社に比べて、多角的なサービスを展開しているし、ネームバリューも大きいので。クラスコを知ってからは、「もうここしかない!」という感じで、面接も入る気マンマンで受けました(笑)

二ッ谷

確かに、僕も同じですね。クラスコの規模感に魅力を感じました。

山口

二ッ谷さんは新卒採用ですよね。なぜ不動産業界に?

二ッ谷

僕は、もともと人間の生活の根幹にある「衣食住」に関わりたいと思っていて、その中の「住」に関係する不動産業に興味があったんです。

山口

それは学生時代からずっと?

二ッ谷

そうです。大学も建築学科に入りましたし、就活の時は県内の不動産会社で完全に絞って挑みました。

山口

一貫して目的が定まっているのはすごいですね!「住」にとくに興味を持ったのはどうして?

二ッ谷

実家がもともと不動産投資をしていたからですかね。実家は材木問屋なんですが、昔、木材加工が機械化されたことで業界のビジネスモデルが変化して、問屋の商売が成り立たなくなってしまったという経緯がありまして。その頃、実家のキャッシュを全てアパートに変えて、その後も賃貸経営でここまできてるんです。

山口

不動産投資にもともと親しみがあったんですね。

二ッ谷

はい。不動産会社に入れば、実家の不動産投資にも役立てるかな、と。入社してから最初の社員研修で、社長から丸一日投資理論について教わることがあって、すごく楽しかったのを覚えてます。

山口

いいですね!クラスコに入社した決め手は?

二ッ谷

やっぱり役員と話したときの印象ですかね。就活の時はいろんな会社で面接していただきましたが、僕が選ばれるのではなく、僕から会社を選んでやる、という気持ちで挑戦してましたね。(笑)たくさんの経営者の方と話せる機会なんてめったにないので。

山口

それは二ッ谷さんらしいですね!(笑)

二ッ谷

山口さんは実際入社してみてどうでした?

山口

チャレンジ精神に溢れる会社だと実感しましたね。イベントなどでアイデアを出しやすい環境もつくられているように思います。クラスコンペとかクラデミーアワードとか、若い子でも挑戦できる風土がいいですよね。

二ッ谷

そうですよね。僕は入社当時、スタートしたばかりのリノベーション担当に任命されたのですが、入社前から続いていた業務フローに無駄が多いと感じていて。そこで社長に改善点を直談判してみたところ、「それなら、二ツ谷さんがぜひ改善してみて!」と言ってくれたんですよね。正しいことは年齢に関係なく任せてくれるんだと嬉しく感じたのを覚えてます。

Q2現在の業務は?

山口

二ッ谷さんは、新築戸建事業に携わっているんですよね?

二ッ谷

そうです!一昨年9月に立ち上がったばかりの新築戸建のプロジェクトに在籍しています。「カウイエ」というブランドで、事業の立ち上げから現在は営業と商品開発まで全て携わっています。

山口

マネージャーとして全体的に統括している感じでしょうか。

二ッ谷

はい。まずはどういった商品であればお客様に満足していただけるのかといった企画ですね。今はスタートからまだ間もないこともあり、少しずつ実績を増やしながら、商品も変化させていっています。また、棟数が増えても対応できるような組織づくりと仕組み化も行なっています。低価格で高品質な住まいでより多くの人をハッピーにするには、僕一人でやっていても限界があるので。

山口

なるほど。実際、反響はありますか?

二ッ谷

そうですね。かなり反響があって、先日も1日に5組のお客様に来店いただき、10時〜19時までずっと営業で喋り続けていたくらいです!そろそろ営業担当を新しく引き入れたいと思ってます。

山口

すごいですね!そういう話を聞くと営業魂が騒ぎます。僕もやりたい!(笑)

二ッ谷

いずれぜひ!(笑)山口さんは、現在は一般のお客様より不動産オーナーと関わる方が多い部署にいますね。

山口

はい。僕の部署も立ち上がって間もないのですが、昨年の9月にオープンした「不動産相続の相談窓口」という事業所にいます。オーナーの相続相談にお応えするのはもちろん、定期開催の相続相談会の講師も務めています。

二ッ谷

相続コンサルティングの業務がメインになるのでしょうか?

山口

そうですね。相続は亡くなられてから生じるものと思われていますが、生前に準備していないと家族間のトラブルに発展しがちです。オーナーの財産の状況をふまえながら、そのご家族が「よかった」と思えるようにスムーズな相続をお手伝いしています。

二ッ谷

実際にはどんな相談があるんですか?

山口

「土地を相続したが節税のために賃貸物件を建てたい」、「相続した物件を買い替えたい」などご相談内容は様々です。そのためいろいろな部署のスタッフと仕事を進めることができ楽しいですよ。

二ッ谷

本当に楽しそう!でも範囲が広いということの難しさもありそうです。

山口

難しいです。表面的にはわかっていても、掘り下げると一つひとつの分野が本当に深くて。さらに税制改正などで情報はどんどん変化していきますし、日々知識を身につけながら仕事に励んでいます。特に勉強会の講師にはプレッシャーを感じています。人に教えるという立場になるため、とにかくいろいろな本で学びながら、責任感を持って取り組んでいますね。

二ッ谷

勉強する、というところはすごく共感できます。僕もリノベーション担当になったとき、専門用語が全然わからなくて、業者と満足に話せないことや、お客様に見積もりの内容を説明できないことがすごく恥ずかしかった。そこで、帰宅してから深夜までipadで用語を勉強しまくりました。ipadを枕にして寝たことも…。

山口

お金をもらっている以上はプロですし、その覚悟を持って、自分から学ぶという姿勢は重要ですよね。

二ッ谷

業務中に教えてもらえることが知識の全てでは決して無くて。僕は「わからない」ままでお客様の前に立つことが本当に嫌だから、任せられたことでも、興味を持って取り組まないといけないって思っています。

Q3仕事において心がけていることは?

二ッ谷

山口さんが普段心がけていることはなんですか?

山口

自分に対していろんなルールを決めてます。早起きするとか、食べすぎないとか…小さなことでも習慣から逸れると気持ち悪く感じてしまって。それと、お客様だけでなく、協力会社の方や社員にも挨拶をしっかりしたり、ハッキリ受け応えるようにしています。日々の些細な行動が、お客様への接し方に表れてしまうんです。自分の部下にもそんな姿を見せて、お手本になるようにといつも気にかけています。

二ッ谷

さすがです。日々の姿勢が仕事に表れますね。

山口

二ッ谷さんは、仕事において大事にしている考え方とかありますか?

二ッ谷

とにかく、お客様の味方でいることですね。
会社に所属していると、自分の評価や、利益に目がいってしまいがちですし、そうじゃなくても、「いい商品だから売りたい!という気持ちを押し付けてしまったりと、会社のことをまず考えてしまうことが多いんですよね。

山口

そうですね。社内での立場もありますもんね。

二ッ谷

でも、僕と接しているお客様にとっては、クラスコ=二ッ谷なんですよね。会社との接点がここしかないわけで。そう考えると、間違いなく、自分だけはお客様の味方であり続けないといけないと思うんです。社内のあれこれは関係なく、いかにお客さんに満足してもらえるか、いかに自分が何ができるかがイチバン重要。

山口

わかります。どんな仕事もお客様のためという気持ちを常に持ち続けないと、永続的な発展は絶対に見込めないですよね。

二ッ谷

そういう風に接していると、お客様が自分を頼って、直接いろいろなご相談をしてくれて、自分の考えは正しいと実感できるときがあるんですよね。

山口

それはすごく嬉しい瞬間ですね!

Q4今後の目標は?

山口

二ッ谷さんは将来の目標もすごくしっかり持っていそうですね。

二ッ谷

やっぱり、サラリーマンになった以上は役員になりたいですね。今32歳なので、40歳までには新築戸建事業を分社化してその役員に、と考えてます。山口さんは?

山口

具体的な目標は探し中ですが、入社当時から漠然と「独り立ちしたい」という目標は持ち続けています。クラスコで役員になるという道も、独立するという道もあるかと思いますが、どちらにしても自分が引っ張っていく存在になりたいです。そのためにいろいろな部署で知識を身に付けていきたいですね。学ぶほどどんどん興味が湧いていくのが実感できるんです。部下にも、努力すれば上に登れるんだという姿を見せられたらと思います。

二ッ谷

クラスコは事業の幅が広いので、その分上を目指しやすい環境ですよね。「実績上げれば5年くらいで役員クラスになるのも夢じゃないよ」って若い子にオススメできます。

山口

そうですね。どんどん成長していきたいです。二ッ谷さんには、自身だけじゃなく、「クラスコをこうしていきたい」って目標はありますか?

二ッ谷

クラスコの組織力をもっと高めたいですね。AIやITで人ができる仕事がどんどん減っていく今、お客様のことを想う力とか、人間にしかできない仕事も必ずあると思うんです。そこに注力すれば、クラスコはもっと盛り上がっていくと思います。

山口

その考えは僕もすごく似てます。会社をつくるのは人なんですよね。仕事がなければ会社の存在する意味はなくて、その仕事を創り出すのは紛れもなく社員。だから、僕は仕事を生み出すことができる「営業」という仕事が大好きなのかもしれません。僕も人の力を高めて、「暮らし」と言えばクラスコ、と世間に認めてもらえるくらいに会社を引っ張っていきたいです!こうやって未来の話をするのってすごく楽しいですね!

二ッ谷

本当に!どんどん未来を語っていきたいです!

  • 縁の下の力持ち
  • 生涯プレイヤー

君は、どんな「真摯」を目指す?

エントリーマイナビ2019へ移動します