お客様のことを想えば
結果は自然とついてきた。

賃貸営業部
野々市・南部エリアマネージャー

宮田 博行

クラスコに入った理由は?

小学生のとき千葉から石川に転校してきて、一時いじめられっ子だったのですが、このままではいけないと人とのコミュニケーションを積極的に取るようになり、どんどん目立つ存在に。そこから人と話すことが好きになり、営業職に就きたいと考えていました。でも、不動産にはもともと興味が無かったんです。銀行員である父を見て育ったので、就活中は金融に興味を持っていたのですが、たまたまタカラ不動産(クラスコの旧社名)のCMを見て、「こんな会社もあったな」と思い、入社説明会に行ってみたのがきっかけでした。そこでいろいろ話を聞くうちに、不動産は衣食住の「住」の部分。この先なくなることはないな、と気持ちが変わり、入社することにしました。

入社してからこれまで、どのような業務に携わりましたか?

まず、賃貸物件の空室を、入居が決まりやすい物件にするためのご提案を行なう空室改善課に配属になり、物件オーナーへの訪問活動などを経験しました。その頃に宅建を取得し、資格を活かすため賃貸仲介のスタッフとして旧県庁前店に配属された後、横川店で店長を任せられることになりました。現在は金沢南部・野々市エリアを統括するマネジメント業務を行なっています。入社してすぐオーナー提案を行なっていたので、投資理論が身につき、賃貸営業部に配属されたあとも、オーナーの気持ちと入居者の気持ちの双方に寄り添うことができるようになりました。賃貸仲介の部署に所属してから1年で店長に任命され、売上アップのミッションが与えられたので、とまどいもありましたが、会社からの期待に応えたいという気持ちが強く、コツコツと努力しました。

店長になって、どんなところに気をつけるようになりましたか?

どれだけマメになれるか、小さいところに目を向けられるかということです。ものを置く場所1つでも、お客様からどうみられるかを意識しました。「こうしたらもっとお客様が喜ぶのでは?」と気づいてしまうと、それができるまで納得がいかなくて。営業だからと言って、押し付けがましくなってしまっては数字は上がりません。お客様のことを考えて動くことで、横川店の売上も上げることができました。

初めからお客様のことを想うという意識はありましたか?

いえ。もちろん失敗もありました。入社2年目のとき、オーナー提案の時に自分の考えが先走ってしまい、オーナーの希望が一切聞こえなくなってしまったんです。そのときに2時間お叱りを受け、オーナーの物件に対する想いを初めて知りました。この経験を活かし、別のオーナーには根気強くご希望を伺うことで、訪問から1年越しでクラスコに管理をお任せいただくことができました。このオーナーには、部署異動した今でも、クラスコの対応で疑問点や改良点を感じられたときは、「宮田さんには伝えないと」と、定期的にご連絡をいただけるほど信頼を寄せていただいています。

普段から心がけていることは?

とにかくレスポンスを早くすることです。どんな質問にも、一言でも返答があれば、お客様に安心していただけます。部下に対しても、素早いレスポンスを怠っていないか、進捗をしっかり見るようにしています。また、チームの仕事を円滑にするために、部下をよく見て、積極的に声かけを行なっています。少しでも元気がないなと思ったら、「なにかあった?」とコミュニケーションを取り、職場の雰囲気を良くするようにしています。将来は全社から、「南部の店舗に行きたい!」と憧れられるようなチームをつくりたいですね。

将来の目標は?

もともと大学では経営者としての考え方や数字の見方を学んでいたので、さらにマネジメント能力を高め、グループ会社を作って、その会社の社長になって経営を行なってみたいです。「人生、楽しい人」をもっと増やすために、もっとお客様目線に立てるように、マネージャーとして、クラスコを盛り上げていきたいと思います。

インタビューstaff interview

さあ、増やそう。
「楽しい人生」を。

エントリーマイナビ2020へ移動します