「なにもない」ことが
いちばんの安心

売買営業課
資産コンサル部

加藤 昂

クラスコに入った理由は?

「面白い会社」に入りたかったんです。もともと大学は法学部で、法律のことを学んでいました。私の周りは公務員になる人が多く、将来公務員になるということも考えたのですが、自分にとってその仕事が「面白いのか、面白くないのか」で考えると何か違うなと。民間企業の方が自分にあっているのではないかと思いました。合同企業説明会でたまたまクラスコを見つけて「面白そうな企業があるな」と思ったのがきっかけで受けてみることにしました。不動産会社という枠にとらわれず、様々な分野に挑戦しているところに惹かれ、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

売買営業課で主に売買仲介の仕事をしています。簡単に言えば、不動産を売却したい方と購入したい方の間に入る仕事です。初めは、土地活用の仕事がやりたいと考えていました。人口が減っていき、これから土地や建物が余ってくる中で、需要がでてくるのではないかと思ったんです。入社して売買営業課に配属されましたが、「不動産を売る」というのは土地活用の様々な手段の中の一つかなと。結果的に自分のやりたかったこととつながっているので、この部署で働けて良かったなと思います。

業務を行なう中で、心がけていることはありますか?

不動産の売主と買主の両方がお客様なので、お話していたことはメモするなどして常に頭の片隅に入れておいています。そうすることで、不動産の売却を任せてもらったときに、「あのお客様が探されていた不動産の条件に近いかも」と買取り希望のお客様にすぐに不動産を紹介することができます。契約がすぐ決まれば両方のお客様に喜んでいただけますし、それが一番理想的な形ですね。

一緒に働いている人に対して心がけていることは?

とにかく積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。堅苦しい話だけではなくて、くだらない話をすることもあり、私の部署は和気あいあいとしていますね。去年私にも後輩ができたのですが、後輩からの質問には、答えをそのまま教えるのではなく、やり方を教えることを意識しています。私が1年目の時は、先輩の異動があり、すぐ相談できる人がいない時期があったので、後輩ができたときにはそうならないように、気兼ねなく相談できる環境にしたいと思っています。

お客様に何を提供していきたいですか?

安心できる取引を提供したいです。何もトラブルなく、売主・買主が満足できる取引が個人や会社の信用にもつながっていくと思います。「なにもない」のが一番良いことなんです。簡単に聞こえるのですが、これが一番難しいことだと思います。1つの案件に何かしらトラブルの種が潜んでいるので、「こういうことが起きる可能性があるかもしれない」と予め想定して、ミスになることを生まない状況を作っていくことが大切だと思います。安心できる取引のために、準備や段取りをしっかり行なっています。

将来の目標は?

「クラスコの加藤」ではなく、1人のプロフェッショナルとしてお客様に仕事を任せてもらえるようになるのが目標です。今は、クラスコという看板があるから任せていただける部分が大きいです。以前接客したお客様がもう一度私にお願いしたいと自分を指名してくれた時は「加藤」として仕事を任せてもらえたんだなと思いますし、もっとそういったお客様を増やしていけるように真摯にお客様と向き合っていきたいです。

インタビューstaff interview

さあ、増やそう。
「楽しい人生」を。

エントリーマイナビ2020へ移動します