「なぜ?」を繰り返すことで
よりよいご提案を

クラスコデザインスタジオ
リノベーションチーム 課長

山本 翔平

クラスコに入った理由は?

前職を辞めることになり、大学時代の恩師に「面白い会社がある」とクラスコを紹介してもらったのがきっかけです。私が小学生のときに、親戚の建築士に実家を建て直してもらいました。その時に「住まいや住環境を作って提供する」という仕事に興味を持ち、そういった仕事に携わりたいと思っていたので、クラスコに入社を決めました。

現在の仕事内容は?

「カウリノ」というマンションの買取・リノベーション・再販事業で、お部屋の設計とデザインを行なっています。クラスコでマンションの一室を買取り、よくあるマンションの一室に、コンセプトを考えて設計と内装のデザインを行ない、自分たちで工事の手配をして形にしていくという仕事です。ただ作るだけでなく、部屋に合わせて家具や小物を選んだり、「この部屋でこんな暮らしができる」という暮らし方を提案しています。

やりがいを感じることは?

カウリノにおいては、直接お客様と関わる機会はほとんどないのですが、営業を通じて「お客様が気に入ってくれた」、「他にはないようなお部屋ですね」と言ってもらえたと聞いたときはとても嬉しいです。カウリノはFC事業も行なっているので、加盟店から「いいお部屋ができた」「売れた」という言葉をいただくとしっかりフォローできたんだなと思えますし、その瞬間にやりがいを感じます。

業務を行なう中で、心がけていることはありますか?

常に自分の中で「なぜこうしたか」の「なぜ」の部分を考えて仕事しています。安易に「良い」と受け止める前に、なぜそれが良いのかを自分で調べたり確認したりして取り入れています。良い材料があると知ったら、カタログの画像だけ見るのではなく、取り寄せて実物を見るようにしていますね。デザインにも流行がありますが、流行りに流されず、「なぜこのデザインがいいのか」を考えて、真似するのでなく自分のフィルターを通したデザインを届けられるように意識しています。

部下に指導するうえで心がけていることは?

部下には、仕事にきちんと優先順位をつけることを教えています。設計と現場管理の仕事は本来分かれているのですが、現在はひとりでどちらも行なっています。複数の現場を抱える中で、どこかの現場が回らなくなるということが起きないよう注意しなければなりません。一つのことに集中することも大事ですが、広い視野を持って仕事する大切さを伝えています。また、部下に伝えるのと同時に本当に自分もそれができているか自分自身で振り返るようにしています。

お客様にはどんな価値を提供していきたいですか?

まずはお客様が求めるものをしっかりヒアリングして、提案したり商品を結びつけたり、なければ求められているものを作る。「なぜそれを求めているか」を考えて、お客様と向き合える会社にしていきたいです。そのために自分ができることは、資格を取ってプロとしてしっかりお客様をフォローできるようになることだと思っています。技術面でいうとデザイン・設計に関する知識を深めて、自分の中に幅広い引き出しを持つことで、お客様の要望に答えられるようになること。あとは、固定概念にとらわれないこと。お客様の意見を素直に聞き、その要望に沿うことのできる提案をしていきたいです。

将来の目標は?

カウリノのお部屋を作るだけでなく、お客様と直接やりとりさせてもらって、自分が作ったお部屋を届けるまでをワンストップで行なえるようになりたいです。お客様の思いを聞いて、1からお部屋を作っていくということは楽しい反面、すごく難しいことだと思います。しっかりお客様とコミュニケーションをとって、お客様が思い描いているものを形にしないといけません。難しさもありますが、やりがいも感じられると思います。自分のデザイン・設計のスキルを高めつつ一般のお客様にも楽しい暮らしを届けていくのが目標です。

インタビューstaff interview

さあ、増やそう。
「楽しい人生」を。

エントリーマイナビ2020へ移動します