メニュー

小村典弘 SNSアカウント

PROFILE
コンサルティング会社での勤務を経て、1999年クラスコへ入社。 賃料下落や空室率悪化など、賃貸経営の問題を解決するために、全国リノベーションブランドRenottaを立ち上げ、平均33%の賃料アップを実現。加盟店舗数全国480店舗(※1)と、日本一(※2)のリノベーションブランドへと成長させる。 業務効率化のためのテクノロジー活用や、AIを活用した賃貸経営改善のためのシステムを開発し、全国の空室に困ったオーナーをサポートするべく、全国初の窓口「満室の窓口」を展開。現在は、不動産、リフォーム業界全体の変革を行うためのネットワーク「ReTechNetwork」をスタート。一社ではなかなかできない改革を、働き方改革と全国1420店舗(※3)のネットワークの力で実現できるよう、サービスを展開している。業界全体の改善を通し、住まいや暮らしに関わる全てのお客様へのサービスをよりよいものにすることを目指す。
※1.3 2018年6月現在の実績 ※2 リフォーム産業新聞社調べ

飛行機で無料wifi

北陸新幹線が開通してから東京へは

全て新幹線移動になり

東京への飛行機は、久しぶり

wifiが無料で使えるというアナウンスが流れ

早速ためしてみました。

ある程度見れるくらいの速度もあり

ブログの写真アップもできましたので

以前に比べて快適になってように感じます。(30分フライト遅れましたが・・)

今日は小松空港→羽田空港→高知龍馬空港へと

乗り継ぎます!

高知県も久しぶりです。

本日はRenotta加盟店様ベンチマークで全国各地から高知へ集まり

様々な成功モデルを共有いただきます。とても楽しみです。

 

 

IMG_5036

Share Button

モーニングミーティング 201809

あっという間に9月ですね!

今月もモーニングミーティング

私からは

時代の変化の中でRetechの可能性について

話をさせていただきました

不動産業界のデジタルシフトはまだまだ遅れている

お客様のサービス向上のために

まだまだ不動産会社のあり方も変わらなければならない

何ヶ月か前から自宅でもiotを導入しているが

本当に生活の質が上がる素晴らしいものだと実感する

まだまだ普及はしていないが

これからは生活の質を上げる住環境作りも大切な仕事になってくると

思います

テクノロジー開発でお客様サービス向上を今後とも行なっていきたいです

002A9948

002A9953

Share Button

LETS STANDING

002A9414のコピー 002A9407のコピー

弊社ではスタンディングを一部導入しました

座りすぎが健康を害するということなので

働けば働くだけ不健康になってしまいます。

1時間座りっぱなしになることで平均寿命が22分間寿命が縮まるというデーターも見つけました

そこで、出来るだけ座りっぱなしを止めようということで

ミーティングにも導入しました

 

立つことにより生産性が上がるともいわれていたり

オーストラリアでは小学校にもスタンディングデスクが導入されていたり

シリコンバレーの企業では、すでにスタンディングデスクは当たり前になっていたりと

働く環境にはとても気を使っていると思います。

 

私自身半年前からスタンディングを導入して

今では1日の8割以上の時間をスタンディングワークしていますが

集中力も座っているときに比べると格段に高まると実感しています。

立っていることで足腰の強化にも繋がりいいことが多いとおもます。

社内には電動式の昇降デスクが少しづつですが導入し始めています。

 

Share Button

家族参観日

家族参観日

初開催!

働きやすい環境作りに励み、

働き方改革に取り組んでいます。

当日は社員と子ども、配偶者など家族で一緒に、職場見学、名刺交換、クラスコの歴史ムービー、クイズを解きながら社内を回るなど、様々なプランを楽しんでいただきました。

参加者からは、「初めての名刺交換、楽しく良い経験になった」、「いつも働いている場所を子どもに見せることができて感動した」「クイズやクラスコちゃんなどと触れ合えて楽しかった」

「来年も参加したい!!」と、大変好評でした。

また来年も継続できたらと思います。

 

002A9299002A9188002A9146

Share Button

モーニングミーティング 2018年8月

2ヶ月前より夜開催していた

全社ミーティングを朝に開催に変更して今回が第2回目(働き方改革)

 

私からはCRASCO VISIONと共有事項

とにかくお客様の為、私たちの生産性を高めて

お客様との時間を増やし、もっともっと、お役にたてる会社として

人生楽しい人を増やすという話

満室の窓口が8月1日より全国60店舗体制でスタートさせていただいた

まだ、お話はできませんが新プロジェクト(こちらは来月くらいを目標に商品を現在作っています)の共有などなど

 

002A9113-2

清水常務からは

生産性をあげるを基軸に働き方の考え方

バックキャスティング

未来を予測する際、目標となるような状態を想定し、そこを起点に現在を振り返って今何をすべきかを考える方法で、いわば未来からの発想法である。
現在、地球規模の問題となっている温暖化防止や持続可能な社会の実現など、これまでのやり方や考え方では答えが見つからない問題を議論したり、解決策を見つけるために用いられることが多い。

そのために知識が大事。

未来を予測するには知識が必要ということ

その他大事な考え方をいくつか共有

002A9122

総務からの共有事項

002A9127-2

満室の窓口プロジェクトの2人からの満室の窓口について

空室対策のAI くうしつたいさくん でなにができるか?共有などなど

002A9124

 

 

Share Button